長崎歯科医院の特徴

使える材料や治療の順番や範囲や回数が決められ、行える処置が決まっています。

他院で抜くと言われても諦めない。歯を抜かないですむ治療法があります。

正

インプラント治療は、歯を失った場合に行う治療法の1つです。

お知らせ & アクセス

9/1(木)~11/30(金)

長崎歯科医院にて小金井市成人歯科検診実施しております。
詳しくはこちら

8/11(木)~8/18(木)

誠に勝手ながら、上記日程にて夏休みとさせて頂きます。

2016年4月1日

ホームページをリニューアルしました。近年スマートフォンをお持ちの患者様が増えてきましたので、パソコン版とスマートフォン版を統一致しました。

2016年3月14日

毎週「水曜日の午後・夜診」「「金曜日の夜診」

水素水とは「水素分子を含む水」の事を言います。

「水素と美容」「水素と健康」「水素とダイエット」「水素とスポーツ」医療分野やアンチエイジング・健康など幅広い可能性をもっています。患者さんにの身体の健康を意識してもらいと思い導入致しました。


住所

東京都小金井市梶野町5丁目2−25 グレース小金井1F

最寄り駅

JR 中央線 東小金井駅
(三鷹駅や吉祥寺駅の数駅となりです)

長崎歯科医院
東京都小金井市の東小金井駅から徒歩1分。
患者様の理想にこたえる歯医者さん。経験と実績が豊富なドクターが対応いたします。

診療時間
10:00-12:00
-
-
15:00-18:30
-
-
19:00-21:00
-
-

休診日:木・日・祝

院長紹介

院長:長崎 信司


開業して40年になります。インプラント歴25年のインプラント専門医でもあり、豊富な治療経験があります。 患者さんにとって、最高の技術と最適な材料で治していきます。長崎が最初から最後まで責任を持って診ます。デジタル(最新機器)とアナログ(手技)を組み合わせて、 長持ちしよく噛める歯を作っています。 この数年の最新機器としては、CTスキャンやコールドレーザーを導入しています。

むし歯からインプラントまで幅広く治療しております。(歯科用CT完備)

    治療例:自費による先端歯科治療&歯の見た目の良さ&歯の健康維持
  • 歯を削らない&歯を抜かない歯を守る
  • 自然な歯を再現する新素材&新技術
  • 笑顔に自身が持てる
  • 顎関節症&小顔&アンチエイジングに
  • レーザー治療や専門の知識と技術で歯を守る
  • 噛む機能の回復と見た目の審美性を両立をする

歯医者さん選びで悩んでいる方へ(小金井市・東小金井近辺)

歯医者さんで、こんなことありませんでしたか?

  • いつも同じ所が虫歯になる。どうして?
  • 診断がドクターによって違う。誰が診断しても同じ診断じゃないの?
  • ドクターの押しが強くて、よく分からないまま治療が進んでしまった。

歯科のことをあまり分かっていない患者様ですから 歯医者さんに行くと、いろいろと分からない事が続き、不安になるのは当然だと思います。
患者様で歯科に関して詳しい方はほとんどいらっしゃいません。歯と口のトラブルが引き起こす様々な病気もあります。

どういう治療があるか分からない方も多いです。

  • 「差し歯」と「仮歯」の違いって何?
  • 歯が動きグラグラしてるけど、歯をできるだけ残す治療があるの?
  • 歯をあまり削らない「接着治療」の存在を歯を悪くして初めて知った。

歯をなくしてしまい、インプラント治療以外に治療方法はないものかと思い、インターネットで調べても、よく分からなかったり。
歯が折れて食べられなくなったので、ドクターに質問をしようにも「何が分からないかが分からない」方もいらっしゃるでしょう。

歯にトラブルが起きた時、患者様は自分の歯や歯肉がどうなっているのか、虫歯なのかどうかすら正確には分からないものです。「どうしていつも同じ場所が虫歯になるのか?」という事も分かりません。
患者様ご自身で歯のトラブルを分析して、治療計画を考えるのは非常に困難です。
そのために、専門家である歯科医師がいます。

歯科治療は多くの選択肢があります。

  • 患者様の理想を聞き、十分な説明やいくつかの選択肢を提供したい。
  • 患者様に完璧ではないにしろ理解して頂きたい。
  • 患者様はそのうえで、ベストまたはベターな選択をして頂きたい。

医師としてのオススメもお伝えし、患者様が自分で決められるようカウンセリングを心がけています。
ただ、より良い治療のために、患者様のご希望に沿うことができない場合もございます。
ドクターと患者様が信頼関係をもとに二人三脚で治療は行われるものです。
納得して治療を開始できることが大切だと思います。

忙しい方のために集中治療もしています。

  • 1~3時間かけて集中的に治療します。
  • できるだけ静かに集中して治療します。
  • 特に遠方から来院される方や、忙しいく通院回数減らしたい方に。

一般的に歯医者さんでの治療は、週に一度に数十分行い、半年や一年通い続けるのが普通です。
長崎はお一人当りの診療時間をたくさんとって、できるだけ静かに 集中して治療に取り組ませて頂いています。
特に遠方から来院される方や休みを取りにくいお忙しい方などには可能な限りお時間をとり、合間に休憩を挟みながら治療させて頂いています。西東京エリアの方から人気を頂き多数ご来院頂いております。

診療方針

歯医者で行う治療も牛丼屋さんのように、「早い・安い・うまい」と三拍子が揃っているのがいいと思います。しかし残念ながら歯科医の場合、対象が人であり、お口の中は日々変化するのが当たり前であるため、なかなかそのようにはいきません。患者様が安易に考えていると、あっちもこっちも次々と歯が壊れてしまうことがあります。
また、インプラントや差し歯、ブリッジでもそうですが、ちゃんと噛める歯を作り、さらに「全身とのバランス」をピッタリ合わせるには、時間がかかります。患者さんに優しい、安心安全な治療を目指しているのでなおさら時間がかかります。
「かみ合わせ」は、手を抜こうと思えばいくらでも抜く方法はありますが、完全にピッタリなものを作ると、「痛くない!・かめる!・食べられる!・他の歯も長持ちする!」とたいへん喜んで頂けます。
ピッタリと合わせるには、時間を忘れるほどの集中力を必要とするため、お待たせする場合がございます。 ご理解頂けると助かります。その代わり、お詫びと共に一生懸命させて頂きます。
「患者さんの望む そして患者さんの体の害にならない一番いい治療をする」を長崎のモットーとしています。

  • 矯正専門医とは、矯正治療のスペシャリスト。
  • インプラント専門医とは、インプラント治療のスペシャリスト。
  • 入れ歯専門医とは、入れ歯治療のスペシャリスト。
  • 口腔外科専門医とは、口の中の外科手術のスペシャリスト。

スペシャリストは、特定の領域を極めた専門医です。歯科には様々なスペシャリスト(専門医)が存在します。
スペシャリストは、特定の領域を極めた専門医です。
歯科には様々なスペシャリスト(専門医)が存在します。
「インプラントの専門医」「矯正の専門医」「根管治療の専門医」や「小児歯科の専門医」「歯周病治療の専門医」の方もいらっしゃいます。それぞれ高度な専門知識、並びに治療技術を有する歯科医師です。
○○専門医(スペシャリスト)の方が優位である。という考え方もありますが、本当は複数の専門医(スペシャリスト)であるジェネラリストの方が優位であると考えています。「ジェネラリストのスペシャリスト」とでも言えばいいのでしょうか。
様々な臨床経験があり、お口の中をトータルに考えることができるドクターです。
1つ1つの治療も、全体的な治療もできる先生。 長崎はそのようなドクターをずっと目指してきました。患者さんがそういった先生を見分ける比較的簡単な方法としては、 「入れ歯」が上手な事があげられます。
難易度の高い入れ歯が上手な先生は、むし歯治療やインプラント治療、ブリッジ治療をやっても上手でしょう。入れ歯はあまり人気がありません。「噛めない、痛い、見た目が悪い」など、マイナスイメージがあります。
若いドクターで「入れ歯はやりたくない」とおっしゃる方も多いです。 しかし、上手な先生の入れ歯はとてもよく噛めます。「入れ歯とは思えません」とおっしゃいます。
長崎もとても長い間入れ歯をやってきています。入れ歯治療は時間もかかりますし、手間隙がかかることが多いです。
そういった困難を乗り越えて「噛める」入れ歯(義歯)を作れるというドクターは口の中のトータルバランスを取ることができます。
歯科医師の中ではかなり「上手な先生」と言えるでしょう。
(参考)「歯を抜かないといけない」と言われた歯が残せます。
→ 「その歯はまだ残せます」

長崎歯科ではCT(3D診断/歯科用CT)などの最新機器がおいてあります。
最新機器をウリにしている先生もいらっしゃいますが、長崎は「技術力」や「経験の量」「治療の丁寧さ」でも負けるつもりはございません。

ライフステージに合わせた歯科治療があります

  • 年齢と共に、歯が次々と悪くなる事があります。
  • その場しのぎの治療ではなく根本治療が大切です。
  • しっかり噛める入れ歯、しっかり噛めるインプラントがあります。
  • バリバリ噛めて、噛んでいて気持ちのよい食事が楽しくなる歯があります。

ドクターが「歯を守りたい」という強い気持ちを持つことは当然のことですが、 患者様も「歯を守りたい」という強い気持ちをもってこそ治療は成功します。

これは長崎の揺るぎない考えです。
患者様にとって「プラスになること」「本当の利益」とは何かを問い続け、 長年、患者様と向き合ってきました。
患者様の「プラスになること」とは何かを考え、曲げずに貫いてきました。
長崎は年齢とともに歯が悪くなってくる「中年・高齢者」(40才・50才・60才・70才~)のための歯科治療を得意としています。40代でもう歯がボロボロな方もいらっしゃいます。
こういう方は総合治療が必要です。
・なんとかして歯を残して、差し歯にできないか。
・歯を残せないなら「入れ歯がいいのか、ブリッジがいいのか、インプラントがいいのか」。
・どの治療が本当に患者様のためになるのか。
・どの歯を優先的に治療すれば、患者様の歯を守りつつ悪くなった歯の治療ができるのか。
・体質を見極め、噛む力や噛む方向を見極め、物質の性質を見極めます。
様々なことを考えます。
目の前にいる患者さんが長い目でみて「本当にプラスになること」「本当に利益になる事」を考え治療を提案します。
大げさにいうと、死、最後を見据えた治療です。
歯科医療は本来「その時に食べられればよい」のではなく「歯を長くもたせる」ことが大切です。
「自分の歯が残っている人は自分の歯」を「人工の歯が入っている人は人工の歯」を「長くもたせる」ことが大事なのです。「歯を長くもたせる」ということは、患者さんの人生をみるという事です。
「できれば自分の歯で一生食べたい」という希望に対して真剣に向き合うと、結果的に患者さんの人生を診る事になります。
長崎の治療は「保険診療」ではなくすべて「自費診療(自由診療)」ですが、20年30年以上もつ治療です。
長い目で残りの人生を考えるとお得な治療だと思います。
その場しのぎの治療ではなく「あなた自身の歯で一生健康に過ごすため」「これ以上自分の歯を悪くしないため」に長崎を使っていただきたいのです。
お口の中は毎日少しづつ変化を起こします。医療は日々変化する歯に対応しなければなりません。ですから、毎日真剣に患者様と向き合っています。Dr.長崎は、患者様の「歯を守りたい」「本気で治したい」に徹底的に向き合います。
ライフスタイルとライフステージによっても治療は変わります。
あなたの悩みをお聞かせ下さい。最上級の噛み合わせで“長く持つ歯”“最高に噛める歯”を提供することでお応えさせていただきます。

 患者さんの声(体験談・相談例)